彼と彼女と営業部
150センチ弱の営業事務、小寺。180センチ強の営業部長、加藤。163センチの綺麗なお姉さん、田中。175センチ位のまだまだ新人でちょっと茶髪の営業マン、橋本。そんな四人が働く(?)笑いあり、涙なしの商社営業部の話。
 

■第一部■

彼と彼女の人物紹介

第一章 「150cmです!」 
いきなり敵意むき出しで彼女は叫んだ。

第二章 客と話すだけが営業の仕事ではないらしい。 
深いい話ではありません。社会人としての心得でもありません。

第三章 部長の秘密? バレる。 
一番ショックを受けているのは、今のところちっちゃい人だけです。

第四章 後輩君は先輩ちゃんを惑わす。 
先輩ちゃん、手の平で転がされまくりです。

第五章 抹茶チョコとイチゴチョコ。 
二種類のチョコは、誰かを超リッチにしたり、誰かをどこかに「落としたり」します。

第六章 部長さんと新人君の信念。 
彼らには、彼女の知らない真面目な一面があったようです。

第七章 お姉さんは様子を伺う。部長は泣く。 
多分目的は同じと思われますが、アプローチの仕方はこんなに違います。

第八章 部長は奢らない。
そして煩い。

第九章 お姉さんがくれた映画のチケット。
先輩ちゃん、それを持って後輩君のところへ行きました。

第十章 これは業務命令なのです。
社会人であれば、どこかで耳にする言葉。時に理不尽で、時に不毛で、たまに優しいこともある? それが業務命令。

第十一章 何はともあれ、腹ごしらえ。
腹が減っては戦は出来ないし映画も見れません。

第十二章 映画館で気付いたこと。  
コメディを見ていたら、ふと、こんな気持ちに気が付きました。

第十三章 のんだくれでのんだくれ。 
飲んで飲んで飲まれて飲んで?

第十四章 真実とは芋蔓式で華麗に登場するものである。
物事なんてやつは、一つ動き出せば色々と明らかになってくるものなんですよ。

第十五章 後輩君から先輩ちゃんへ。
これにて一件落着。後輩君の締めの言葉とは?

エピローグ




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。